TRASH-NEWS 2008年03月11日の記事一覧

順路
  1. ホーム
  2. 2008年
  3. 03月
  4. 11日 [現在地]
Search?
お知らせ
ここ数日更新が滞っていますが…… (2008/04/13 13:31)
4月より社会人となったため、時間の作り方がいまいちつかめないため、不定期の更新となります。まぁ……ニコニコメーカーでもお楽しみください!
1 2 3

2008年03月11日

2008年03月11日のニュースとネタをお届けします

関連した日付へのリンク
  1. 2008年の記事一覧
  2. 2008年03月の記事一覧
TRASH-NEWSは
いろいろと紙一重なニュースサイトです

2008年03月11日本日のニュースとネタ

初音ミクのアレで多くの一般の方がお越しくださったところにMOSAIC.WAVの単独記事を書く自分はプライスレスだと思う。

さてこのサイトでも何度かとりあげてきたA-POPアーティストMOSAIC.WAVが3月26日にメジャーアルバム『Amusement Pack』を発売します。今回はその曲目リストが発表されたのでご紹介します。なおMOSAIC.WAVについては例によってGoogle先生Wikipediaをご参照。

1stメジャーアルバム『AmusementPack』曲目リスト
  1. 幕間劇「出会いと巻き添え」
  2. アキバ in ワンダーランド [再録]
  3. 幕間劇「三六五日五時間四八分四五秒」
  4. 片道きゃっちぼーる [再録]
  5. Nursery Time [新曲]
  6. 幕間劇「理想の後宮」
  7. 三つ巴-motion~triangular fight [リメイク]
  8. 幕間劇「主題歌の甘いささやき」
  9. 最強○×計画 [再録]
  10. 切情!佰火繚乱 [再録]
  11. 幕間劇「炒めた車でもありませぬ」
  12. Pain Paint Car [新曲]
  13. キュンキュンパニック [再録]
  14. 幕間劇「街道沿いの楽団達」
  15. We Love “AKIBA-POP”!! [NEW TAKE] [リメイク]
  16. 幕間劇「アトラクション・デリバリー」
  17. Amusement Pack [新曲]
  18. 幕間劇「40ページの招待状」
  19. フィナーレ [新曲]

公式サイト発売元Lantisのページ、MOSAIC.WAVの中のひとことみ~こさんのブログで公開されているものを整形しました。MOSAIC.WAVは情報がきっちり整理されているので、孫ニュースサイトとして記事を書くのは恐縮です。

カウントしてみると新曲は4曲、シングルからの再録5曲、アレンジ2曲、ボイスドラマ8曲の計19曲という1stメジャーアルバムに相応しい豪華さです。なおアルバム曲からの再録はないようなので、アルバムを中心に追ってきた僕のような半端ファンにとってはなおのこと嬉しい限り。

自身のジャンルを冠する『AKIBA-POP』はそれに恥じない名曲ぞろい

ここで注目すべきは『AKIBA-POP』のアレンジ曲が収録されているということ。『AKIBA-POP』はMOSAIC.WAVを代表する名曲であり、これまで何度かアレンジ/セルフカバーされてきました。『AKIBA-POP』関連曲は僕が確認している限り以下の6曲。なお基準は"A・K・I・B・A AKIBA-POP"というコーラスが入っている、源流『We Love "AKIBA-POP"!!』の流れを汲んでいる、の2つとし、結構適当に選びました。

MOSAIC.WAV『AKIBA-POP』関連曲一覧
  1. We Love "AKIBA-POP"!! [We Love "AKIBA-POP"!! / 2004]
  2. We Love "AKIBA-POP"!! (Funny x2 Drum'n'rock? Version) [キミは何テラバイト? / 2005]
  3. We Love "OOSU-POP"!! [ElecTrick Vol.28限定CD / 2005]
  4. SPACE! WAVE! AKIBA-POP!! [SPACE AKIBA-POP / 2006]
  5. 光のエレメント ~for "We Love AKIBA-POP"~ [Future-Fiction:AKIBA-POP!! / 2007]
  6. AKIBA-POP the Future [Future-Fiction:AKIBA-POP!! / 2007]

気づきませんでしたが、ほぼ毎年なんらかのCDに1曲ずつ収録されてきたようです。この『AKIBA-POP』がすごいのはいずれの曲にもハズレがないということ。アレンジとはいってもお互いに基本的な旋律や合いの手が共通しているだけで、歌詞や曲調は大きく異なる『姉妹作』となっています。しかしどの曲もその曲その曲の味があってよい曲ばかり……人気投票があればかなり票が割れそうです。ちなみに"OOSU-POP"はイベント会場のみ限定発売されたCDに収録されている曲で、なかば伝説と化しています。そういったレア音源をK-BOOKSで捜すのもアレゲなアーティストならではの楽しみですね(ほかのアレゲなアーティスト例 :: I've SOUND / ave;new / fripSide / Rita / 榊原ゆい ...)。プレミア価格がつりあがりがちなリバティでは買わないのが紳士と淑女のたしなみ

今回収録されるのは[NEW TAKE]版ということでこれまでの伝統から考えるとオリジナルの音色豪華版といったところでしょうか。ここで源流に立ち返るとは……期待で胸が膨らみます。

MOSAIC.WAVファン3年目くらいの中途半端な人間による考察

さてそんなMOSAIC.WAVの曲の特徴は、僕は音符の数の多さとダブルミーニング上等な歌詞の深さ、ボーカルのみ~この多彩な声にあると思います。

MOSAIC.WAVはテクノポップな曲が多いように思いますが(このあたりのジャンル区分はよくわかりません)、そのジャンルの特徴を差し引いても曲に打ち込まれている音符の数が他のアレゲなアーティストの曲とは比べ物にならないほど多く感じられます。楽器や音色の種類、音のレイヤーとでも言うんでしょうか、1曲でも聴けばいろいろな音が執拗に重ねられて曲が成立していることがよくわかるはずです。

また作曲を担当している柏森進はほとんどの曲で歌詞も書いているのですが、これもまた実に示唆ぶかいものが多く、脳が程よく刺激されます。有名そうなところで挙げれば『ガチャガチャきゅ~と・ふぃぎゅ@メイト』といった電波全開の曲から、『Love Cheat!』のような韻の踏み方が心地良すぎる曲、『100gの恋心』『みなみのしまのふろーね』に代表される歌の中でストーリーが成立されているような曲(※註釈参照)まで、おそろしく歌詞が完成されています。メロディを脳内で流せば自然と歌詞も浮かんでくるような、古きよき歌謡曲の趣があります。自分でもナニを言っているのかわかりませんが、とりあえず意味のない歌詞がどのフレーズにもないというのは間違いないと思います。

そしてさらに特筆すべきはボーカルを担当しているみ~この声。『秋葉原系』、『AKIBA』、『電波』といったどんなアレゲな形容詞をも内包する、脅威の声色です。かわいらしく、しかし毒っけのある、コケティッシュな印象を強く受けます。ひとつの歌の中でさまざまなキャラクターの声を使い分けるのも『電波度』を跳ね上げている一因です。このあたりはさすが本業声優といったところでしょうか。脳のとろかせ具合で対抗できるのはこの界隈ではモモーイくらいしかいない……!

洗練された曲と世界観のある歌詞、洗脳度抜群の声が見事に重なり合った奇跡のユニット、それがMOSAIC.WAVではないかと思います。それでいて実力に見合うほどには注目されていない気がするのはなぜか(ここでは注目されていない、という失礼極まりない憶測のもと考察を進めていきます)。

それはおそらく……他人に薦めるのがとても難しいからではないかと思います……。以下主観が強く入りますが、それはいつものことなのでご了承!

相手が一般人であろうと同好の士であろうと薦めづらい

I've SOUNDならRe-sublimityやRed flaction、雨に歌う譚詩曲などさまざまなジャンルに及び“他の人に薦めてもとりあえず全否定されることはなさそう”な曲があります。RitaならばLittle Busters!、佐倉紗織ならば……まぁ、まぁさっと思い浮かばないような例もありますが、とりあえず僕にとってMOSAIC.WAVには他人に安心してオススメできる曲がありません

なぜならばそれはMOSAIC.WAVがAKIBA-POP(秋葉原系音楽)を掲げて活動しているアーティストであるからに他ならず、出す曲出す曲すべてがみんないい感じに電波がびんびんであるから……っ! I've SOUNDを好きな人が『さくらんぼキッス ~爆発だも~ん~』を絶対最初に薦めないように(たぶん)、佐倉紗織を好きな人が『true my heart』を絶対最初に薦めないように(むしろ薦めやすい?)、すべてのアーティストにはそれぞれレベルが高くならないと良さが分からない曲というものが存在しています。言ってしまえばMOSAIC.WAVの曲はどの曲も比較的高レベルを要求するものばかりです。耐性がない、レベルの低い人が聴くと卒倒するかヘッドフォンを投げ出してしまう恐れもあります。

実際僕が最初にMOSAIC.WAVの曲を聴いたとき、たしかくだんのWe Love "AKIBA-POP"!!だったと思いますが、なんだこいつらはと、ヘッドフォンをたたきつけた覚えがあります。僕がMOSAIC.WAVを聴くようになったのはいただきじゃんがりあんRのOPがとても良く流行った2005年だったか2006年だったかの時分。あのいまだにMADなどで使われ続けている伝説のURAさんによるOP映像を目的で見始めていつの間にかBGMとして流れているLove Cheat!にハマり出したという、それがきっかけでした。そういった強力な導入剤があってこそはじめて飛び越えることのできる敷居の高さについて、MOSAIC.WAVにかなうアーティストはちょっといません。

軸がブレない限りファンが減ることはないという意味では超安定

いまとなってはよく聴くアーティストとしてこうやって動向を追いかけるほどになっていますが、それでも人に薦めたことはこれまで一度たりともありません。それがおそらくはMOSAIC.WAVの弱さであり、同時に最強の強みであると思います。好きな人は大好きで、知ってる人は興味がない、知らない人は知る由もない、この絶妙な狭さがコアな人気を呼んでいるのではないかと思います。久米田先生もよくおっしゃっている法則ですね。

今回そんなMOSAIC.WAVが初のメジャーアルバムを発売します。まぁこれまでアルバムは3枚だしていますし、秋葉原へ通っている限りは流通経路は無関係に等しいのですが、それでもこの意義は大きいと思います。何かの手違いで聴いてしまった人のヘッドフォンが壊れるのが先か、何かの偶然でいつの間にかドンばまりしてしまった患者があふれかえるのが先か、注目が集まります。

[追記註釈] この記事を読んでくださった方から作詞者についてご指摘をいただきました。『100gの恋心』はRuRoさん、『みなみのしまのふろーね』はみーこさんご本人による作詞です。MOSAIC.WAVの作詞といったらほとんど柏森さんというイメージがあって調べもせずうっかり書いてしまいましたが、あらためてジャケットなどで確認してみると1/4程度の曲はほかの方による作詞でした(そして記事でとりあげた曲が見事に柏森さん以外の作だったという)。ここにお詫びして補記します。コメントでご報告下さった方、ありがとうございました!

[ 関連キーワード : (キーワードは登録されていません) ]

初音ミクは大変なサーバーを落としていきましたとりあえずこの画像を見ていただきたく……

よくお役所のサイトなど普段は閑古鳥が居候気味なサイトがYahoo!トピックスで紹介されたときにみかけるこの『お詫び文』ですが、まさかウチのサイトでも見ることになるとは。初音ミク……おそろしい娘……ッッ!!

「神ツール」――初音ミク踊らせるソフト「MikuMikuDance」大人気 (ITmediaの記事のYahoo!転載版)
パーマネントリンクはこちら紹介された記事はこちら

今日のニュースはのちほど。この記事は初音ミクの恐ろしさMikuMikuDanceのすごさ(の再認識)をお伝えするためだけに書いたのですが、ちょうど良い機会なので残りは適当にダラダラと与太話でも。

ウチのサーバーは病弱っ娘(くわえてMovableTypeが肥満体)

とりあえずこのTRASH-NEWSを置いているサーバーが落ちすぎです。毎日22~25時という夜の一番いい時間帯に必ずのべ1時間くらいは落ちているようです。しかも困るのはその落ちている時間帯にアクセスすると、503 Service Temporarily Unavailableといった『サーバーがテンパってます』表示が出ずに単なる白紙が表示され続けてしまうということ。要するにレスポンスがまったく返せていないということみたいです。これはひどい。

しかし奇妙なことにこの白紙エラーが100%の確率で起きるのはMovableType関連の、しかも記事のページに限ってるんですよね。画像などのファイルやperl(MovableTypeの管理ページ)は半々の確率で普通に表示されるし、自作のプログラム(おもにphp)もさっくり表示されることが多い。でも記事のページだけピンポイントに常にダメ

このサイトでは現在すべてのページを静的表示させているため、データベースの遅延などは関係なさそうです。phpを多用してはいるものの、他のページでは動いているためそれが原因でもない。と、なると怪しいのはMovableTypeのかなりブラックボックスな部分、mtview.php。MovableType配下のページはhtaccessによってすべてこのページを経由して表示されるようなのでここがダメなら必然的にすべてがダメになるわけで。全部のページを静的生成しているんだしどうせ動的生成のときの名残だろうからそんな設定いらねーよと思って消してみるも、一部のページが表示されなくなってしまうのでそれも難しい。このあたりはもうちょっといじってみる必要がありそう。 [追記] 亜細亜ノ蛾さんのこの記事が参考になるかも

一番よいのは自分のローカルPCにMovableTypeをインストールして記事生成などはすべてローカルで行い、サーバーには記事のデータだけをアップするというスタイル。これなら負荷知らずで大変結構な具合。でもそれならMovableTypeである必要性はまったくない。自作のhtmlジェネレータでいいじゃんという(=旧管理人近況時代に遡る)。すべてはMovableTypeが多目的になりすぎて重くなってしまったのが原因。perl(やらMTML)やらphp(やらSmarty)やらがごちゃついてるのもどうなんだろう。ああ、ただサーバー自体が落ちていたりデータベースが脆弱なのも大前提として大問題なので、本当にそろそろ引っ越したい。昨日の22:00~24:00の2時間はほとんど記事が表示できていなかったようで、それなんて機会損失? モウヤダー。

ですので、冒頭にYahoo!が粋な計らいをしてくれた様子をご紹介しましたが、なんのことはない、アクセス集中が問題なのではなく、貧弱なサーバー肥大したMovableTypeが原因で不調をきたしていただけでした。これが真相です……。与太話終了。

さいごに。MikuMikuDanceの大ヒット、心よりお喜び申し上げます。次はたぴ・ぱんのモグラロードローラー娘を是非!

[ 関連キーワード : (キーワードは登録されていません) ]

サイト内検索
検索する
このサイトについて
  • サイト名 : TRASH-NEWS
  • 分類 : ニュースとネタのサイト
  • ジャンル : 井戸端からアレゲまで
  • もっと詳しく見る
この日の人気記事ランキング
2008年03月11日のぶん
1
3Dの初音ミクを躍らせるフリーソフトMikuMikuDanceがスゴい
1641
2
MikuMikuDanceなどの気になったニュース(2月27日版)
266
3
テイルズオブヴェスペリアはXbox360で発売決定?
183
4
テイルズオブ新作『テイルズ オブ ヴェスペリア』のまとめと推察
157
5
Windows XPのSP3は思いのほかスゴいらしい
119
6
初音ミクは大変なサーバーを落としていきました?
68
7
「ハルヒがゴメンネ!って言ってるAAください」が秀逸である件について
53
8
MOSAIC.WAVと新アルバム『Amusement Pack』の考察
51
9
デトロイト・メタル・シティ(DMC)アニメ映画&実写映画化決定
31
10
最近見たニコニコ動画(12月26日版)
29

2008年03月12日 0時更新

人気記事ランキング

カテゴリ(折畳表示)
ニュース・ネタ
サブカテゴリを開く
俺研究舎
サブカテゴリを開く
お知らせ
サブカテゴリを開く
特集・企画
サブカテゴリを開く
管理人近況
サブカテゴリを開く
カレンダー
2008年3月
«  02月 - 04月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
管理人について
管理人 : 八満かシアン
理系になり損ねた文系人間(シアンのほう)
今頃たぶん聴いている曲
kiss my lips by ave;new feat.佐倉紗織
月別アーカイブ
2008年
2007年
ユーティリティ
RSSフィード
ソーシャルブックマーク
  • iGoogle
  • はてなアンテナにTRASH-NEWSを追加する TRASH-NEWSのはてなブックマーク数 TRASH-NEWSを含むはてなブックマーク
サイトプロフィール
Powered by
  • Movable Type 4.1 + [XHTML + CSS + JavaScript] + PHP
  • TRASH-NEWS / Hachiman_Cian 2007-
このページについて
題名
2008年03月11日の記事一覧
内容
  • 2008年03月11日のニュースとネタをお届けします
TRASH-NEWS ロゴ
TRASH-NEWS ロゴ
TRASH-NEWS : http://www.trash-news.net/