TRASH-NEWS 2008年01月10日の記事一覧

順路
  1. ホーム
  2. 2008年
  3. 01月
  4. 10日 [現在地]
Search?
お知らせ
ここ数日更新が滞っていますが…… (2008/04/13 13:31)
4月より社会人となったため、時間の作り方がいまいちつかめないため、不定期の更新となります。まぁ……ニコニコメーカーでもお楽しみください!
1 2 3

2008年01月10日

2008年01月10日のニュースとネタをお届けします

関連した日付へのリンク
  1. 2008年の記事一覧
  2. 2008年01月の記事一覧
TRASH-NEWSは
生きていくうえではあまり役立ちそうにないサイトです

2008年01月10日本日のニュースとネタ

I've SOUND ExplorerさんによるとTVアニメ 『ハヤテのごとく!』 のEDテーマが2008年1月6日(第40回)より変更となったそうです。新しいEDテーマは『木の芽風』、歌姫はIKU(作詞と作曲も担当)とのこと。これまで同アニメはI've SOUNDがOP・EDテーマ共に担当しており、この『木の芽風』も同じくI've SOUNDプロデュースであるものと思われます。

『ハヤテのごとく!』 OP・EDテーマの歴史
  1. 『ハヤテのごとく!』 by KOTOKO (第1+2期OPテーマ)
  2. 『Proof』 by MELL (第1期EDテーマ)
  3. 『Get my way!』 by 川田まみ (第2期EDテーマ)
  4. 『七転八起☆至上主義!』 by (第3+4期OPテーマ)
  5. 『Chasse』 by (第3期EDテーマ)
  6. 『木の芽風』 by IKU (第4期EDテーマ)

なお出典はWikipedia(作曲者情報なども掲載されています)です。えい子先生がいないのは……放送時間帯が朝であることを考慮したからなのかな(暴言)!

さてこのリストをご覧いただければお分かりいただけるとおり、『ハヤテのごとく!』のOP・EDはこれまですべてI've SOUNDの作曲家が作曲し、歌姫が歌手を担当しています。しかし第4期の『木の芽風』においては編曲者が高瀬一矢というだけで作曲・歌手ともに“IKU”という詳細不明の人。I've SOUNDに在籍したことはなく、これまで音楽業界などにも姿を見せたことがないため新人であると思われます。

しかしこれまでのパターンからすると第4期EDは“これまで『ハヤテのごとく!』で主題歌を担当してこなかった島みやえい子が担当するだろう”というのが自然な流れであり、実際に世間の大方の予想。それを大きく覆してわざわざ新人をもってくるのだろうか……しかもいきなりのメジャー作。2005年に同じく“I've SOUNDの新人”として正式にデビューした(と思われたが現在音沙汰のない)怜奈は秘蔵っこ的な扱いで露出していたことを考えるといささか不自然です。

I've SOUNDでは松澤由美や佐藤裕美などこれまで数多くのゲスト歌姫を迎えてきました。『鳥の詩』を歌ったLiaもゲスト歌姫であり、I've SOUNDに属していないアーティストがゲスト出演するのはなんら違和感のあることではありません。ただしいずれのパターンであっても“その作品に関係の深い”あるいは“既に著名である”アーティストであるという条件があり、“ポっと出”の新人が、ましてやあれほどハードルの高かった(I've SOUNDの歌姫が単独で主題歌を担当したのは2004年『神無月の巫女』でのことでI've SOUNDスタートから6年目のこと)地上波テレビで歌を歌うなど前代未聞の事態です。

では何故IKUという人物は『木の芽風』でメジャーデビューを行えたのか、前出I've SOUND Explorerの掲示板で議論がなされていないのか確認してみると……そこには驚愕の説が掲載されていました。

IKU = AKI説

あ → い、き → く、で『AKI』 → 『IKU』

な、なんだって!!!!!!!111

いままで気づかなかったのが不思議に思えるくらいI've SOUNDとしては大いにありえるドッキリです。AKIとはTRASH-NEWSでも何度か紹介している通り『幻のI've SOUNDの歌姫』であり、その消息がここ5年間にわたり追求され続けてきました。カムバックの可能性が少なかれあります。そしてこの文字を一文字ずつズラすという文字遊びも既に『井内舞子 = 羽越実有』(I've SOUND所属の作曲家の井内舞子は羽越実有の別名義)という前例があります(公然の事実であると判断したため掲載しました)。

これは……もしかするともしかする

と、ここまできて『木の芽風』の曲を1回も聞いていなかったことに気づき、急いで確認します。えー……各動画サイトでの検索結果を掲載しておくので各自ご自由にお調べください。

各動画サイトでの『木の芽風』検索結果
  1. Hayate no Gotoku episode 40 OP + ED [YouTube]

で、聴いてみますと……

うーん……さすがに違うかな……

AKIの歌声は『かわいらしい声』で『かわいらしく』歌う歌手。一昔前のアイドル歌手を想像していただければわかりやすいかと思います。だからこそ異常な中毒症状を呼び異様なカルト人気を誇るのです。しかし、この動画から聴ける限りIKUの歌声はR&B系であり、I've SOUNDの歌姫の系統でいえばMAKO(をJ-POPのバラード調向きにした感覚)。まぁよしんばAKIが当時10代で今に至って声変わりしたのだとしても歌唱のスタイルがまるで違います。少なくとも僕の知るAKIはあんなしっとりとした大人の歌い方はしない

これまでの状況証拠から僕が考えた仮説・考察は以下の通り。

IKUとは何者で何故『ハヤテのごとく!』で『木の芽風』を歌ったのか
  1. IKUは正真正銘新人歌手で、怜奈にかわる真の第6の歌姫とするべく華々しいデビューをさせた
  2. IKUはこれまでのI'veとは無縁のゲスト歌手で、大人の事情で華々しいデビューになった
  3. IKUこそAKIの成長した姿で、歌声は変声期のため、歌い方はえい子先生の調教で様変わりした
  4. IKUとはMAKOあるいは怜奈が大人の事情で歌姫として舞い戻ってきた仮の姿
  5. そもそも『木の芽風』はI've SOUNDの曲ではない(事実作詞作曲ともIKU本人)ため法則に当てはまらないのは当然

さて……いったい正解はこのうちのどれなのでしょうか。個人的には3番であってほしいような気もしますが、仮にIKU=AKIであったとしてももう『Pure Heart ~世界で一番アナタが好き~』のような曲が歌えない(声質的・歌唱力的な意味で)かと思うと、もう何番が正解であってもいいやというのが本音です。あ、そうそう、6番として“えい子先生が若返ったりなんかして参加”も加えておきますね。

公式発表が待たれます。

[追記] IKU = IKU仮説が立ちました……。

[ 関連キーワード : (キーワードは登録されていません) ]

サイト内検索
検索する
このサイトについて
  • サイト名 : TRASH-NEWS
  • 分類 : ニュースとネタのサイト
  • ジャンル : 井戸端からアレゲまで
  • もっと詳しく見る
この日の人気記事ランキング
日刊人気記事ランキング
2008年01月10日のぶん
記事タイトル

2008年01月11日 0時更新

人気記事ランキング
1テイルズオブヴェスペリアはXbox360で発売決定?121
2テイルズオブ新作『テイルズ オブ ヴェスペリア』のまとめと推察88
3PSP版スターオーシャン1のプレイ雑感と感想72
4コミケ73「I've MANIA Tracks Vol.I」 収録曲が公開50
5DS版DQ5に“新たなる人生の選択”が追加されるよう46
6ハヤテ新EDテーマ「木の芽風」を歌うIKUはAKIなのか(I've SOUND)31
7『らき☆すた』の対戦格闘ゲーム『らき☆ばと』登場26
8FFT-A2のクリア後レビューと感想(ネタバレなし)24
9ニコニコ発の音楽CDがオリコンを席巻する日は近いのか24
10Windows XPのSP3は思いのほかスゴいらしい23
カテゴリ(折畳表示)
ニュース・ネタ
サブカテゴリを開く
俺研究舎
サブカテゴリを開く
お知らせ
サブカテゴリを開く
特集・企画
サブカテゴリを開く
管理人近況
サブカテゴリを開く
カレンダー
2008年1月
«  12月 - 02月  »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
管理人について
管理人 : 八満かシアン
文系なのにエンジニア、なんてこったい(八満のほう)
今頃たぶん聴いている曲
☆☆☆☆☆☆ by 榎津まお・春日りか・倉沢はるか・榊原ゆい・茶谷やすら
月別アーカイブ
2008年
2007年
ユーティリティ
RSSフィード
ソーシャルブックマーク
  • iGoogle
  • はてなアンテナにTRASH-NEWSを追加する TRASH-NEWSのはてなブックマーク数 TRASH-NEWSを含むはてなブックマーク
サイトプロフィール
Powered by
  • Movable Type 4.1 + [XHTML + CSS + JavaScript] + PHP
  • TRASH-NEWS / Hachiman_Cian 2007-
このページについて
題名
2008年01月10日の記事一覧
内容
  • 2008年01月10日のニュースとネタをお届けします
TRASH-NEWS ロゴ
TRASH-NEWS ロゴ
TRASH-NEWS : http://www.trash-news.net/