TRASH-NEWS ジャンプスクエア2号(2008年1月号)の感想

順路
  1. ホーム
  2. 2007年
  3. 12月
  4. 05日
  5. この記事 [現在地]
Search?
お知らせ
ここ数日更新が滞っていますが…… (2008/04/13 13:31)
4月より社会人となったため、時間の作り方がいまいちつかめないため、不定期の更新となります。まぁ……ニコニコメーカーでもお楽しみください!
1 2 3

ジャンプスクエア2号(2008年1月号)の感想

関連ページ
  1. 80
TRASH-NEWSは
いろいろと紙一重なニュースサイトです
初出時刻
2007年12月05日 00時06分 投稿
最終更新時刻
2007年12月25日 21時56分 改訂
  • この記事をはてブする
  • Yahoo!ブックマークに登録

ジャンプスクエアの第2号(2008年01月号)が12月4日に発売されたためいそいそと買ってきました。以下読んだマンガのみではありますが、レビューです。基本として具体的なネタバレはしませんが、読む気がない/既に読んだ/単行本でまとめて読む/ネタをわかっていても楽しめる方を対象に書いていきます。

[屍鬼] 『プロローグ』(新連載)

藤崎竜ファンとしては封神演義以来待望の新作です。

物語はいきなり日傘+黒フリルのゴスチックな少女が「こんな村だーい嫌いよ!!!」と叫ぶところから始まります。冒頭から良いツンデレ候補生です。封神演義では呂邑姜に心を奪われた僕としては最高の出だしとなりました。しかも読み進めていくとこの少女・清水恵はツンではなくヤンであることが発覚。平気な顔をしながらやることは病んでいる、創作の世界だからこそ輝ける好例ともいえる性格です。しかし……しかし、残念なことに……あああ……。彼女はツンデレにもヤンデレにもなるそのまえに、あああ……。

この『屍鬼』は原作つきということで原作ブレイカー(誉め言葉)のフジリュー先生の手腕がいかんなく発揮されることを期待しています。

[エンバーミング] 第二話 DEAD BODY and REVENGER2

主人公との行動理念が一本の線に繋がっていないような気がします。言っていることと実際の行動がちぐはぐというか。とりわけ物語のキーとなるであろう主人公の友人にいたっては第二話の終わり4ページの言動がちょっと読解不能。何故そのようなことを言っているのか、意図もわからなければ言っている内容自体も唐突で不明です。次回以降への伏線というよりは、単なるストーリーテリングの問題のような気がします。どなたかこの2話ぶんの要約をお願いします……。

[TISTA] CHAPTER2:揺らぐ十字線

何が残念かといえば、ヒロインの顔が地味(特徴がない)であるため人物の区別がつかないこと。くわえてシーンが時系列まで無視してアチコチに移動するため誰か誰だったかを見失うこともしばしば。ストーリー自体も見せ場は用意されているものの抑揚がないため盛り上がることなく次回へ。この回だけを見るとすごく地味であるという印象しか受けません。TISTAは、TISTAはもっと輝ける娘であるはずなのに!

[ドラゴノーツ] ACT.2 スリーピング・ビューティ

たたかえ僕らのジークリンデちゃん!

[アキバザイジュウ] 第2在 初めてのコスチュームプレイの巻

『アキバザイジュウ』というタイトルでありながらその内容は2回続けて秋葉原ではなく単なるオタクの話。看板に偽りがあります。JAROに訴えたいです。もはやこのルポマンガが何を描きたいのかわからないし、編集部も何をレポートさせたいのかわかりません。

[岸辺露伴は動かない] 六壁坂(読みきり)

面白い、面白いんだけど……わざわざ荒木飛呂彦がジャンプスクエアの門出に描くような内容ではないと感じました。もうすこし派手なアクションがあったりとか、精密緻密な理論が展開されたりとか(今回のオチはちょっと尻切れトンボ気味)、そういった客寄せの要素があっても良いと思うのですが。おそらく1年経って『ジャンプスクエアの創刊の頃にどんな作品が掲載されたか』と思い出したときにこの『岸辺露伴は動かない』が出てきそうにはありません。冒頭の荒木飛呂彦インタビュー記事は記憶にも記録にも残るものであろうだけに残念です。

もう、ゴールしていいよね……。

3号以降は僕のような創刊のご祝儀買いをする人も減るでしょうから、そこで各連載のお尻に火がつくことを期待します。正直僕はどの連載作品の単行本もちょっと買う気が起きません。

第一話・第二話で何を判断できるのかという向きもあるでしょうが、面白いマンガはたいてい一話から面白いものだと僕は考えています。たとえば『鋼の錬金術師』。少年ガンガンで新連載として掲載されたのを読んで衝撃を受けました。第一話からとんでもなく面白い。キャラクターの紹介や世界観の描写、ストーリーのヒキや初連載作品とは思えない画力……次の号が発売されるまで何べんも繰り返したマンガは僕の記憶ではこの『鋼の錬金術師』くらいだったと記憶しています。

たとえそのような絶大なインパクトと実力を創刊ほやほやの雑誌に求めるのが非現実的だったとしても、やはり少しくらい次号がワクワクするような連載がない限りは購読する気持ちが沸いてきません。

ここはやはり……やはり!

HUNTERxHUNTERを本誌からお迎えするしかないのではないでしょうか!

僕にとってのジャンプスクエア総括 : つまらないわけではなく、しかし間違いなく面白くはない

サイト内検索
検索する
このサイトについて
  • サイト名 : TRASH-NEWS
  • 分類 : ニュースとネタのサイト
  • ジャンル : 井戸端からアレゲまで
  • もっと詳しく見る
最近の記事
05月23日の記事
  1. ボタンひと押し即生成、『サークルカットジェネレータ』公開開始
04月01日の記事
  1. あの人気シリーズを作れる? 『テイルズオヴメーカー』本日公開
03月27日の記事
  1. 現在の4月のアレ進捗度30%!!
02月21日の記事
  1. 4月のアレで使う【中二なキャラクター】イラストをご提供ください
01月24日の記事
  1. サークル名ジェネレータを作ってみた
01月11日の記事
  1. 新作(※4月のアレではない)のスクリーンショット公開
01月01日の記事
  1. コミケ77(3日目)に行ってきた
12月31日の記事
  1. コミケ77、男は黙って8:00に出発
12月24日の記事
  1. FFXIIIの検索サイトを作ってみました
12月21日の記事
  1. FFXIIIの検索サイトを作ってみている
日刊人気記事ランキング
2010年11月21日のぶん
1
もうやめて下さい!! 泣いてる子もいるんですよ!!
38
2
マリオっぽい自作のゲーム改めしょぼんのアクション公開開始
28
3
FFT-A2のクリア後レビューと感想(ネタバレなし)
17
4
テイルズオブヴェスペリアの感想 【ストーリー・キャラクター編】
14
5
サークル名ジェネレータを作ってみた
12
6
Windows XP SP3インストールで不具合が起きることが発覚
11
7
ついうっかりマリオWiiとグレイセスとFFXIIIとDQVIを予約(以下略)
11
8
○○が可愛すぎて生きるのが辛い
10
9
“マリオっぽいもの”のステージを編集するエディタが公開
9
10
3Dの初音ミクを躍らせるフリーソフトMikuMikuDanceがスゴい
9

2010年11月22日 0時更新

人気記事ランキング

カテゴリ(折畳表示)
ニュース・ネタ
サブカテゴリを開く
俺研究舎
サブカテゴリを開く
お知らせ
サブカテゴリを開く
特集・企画
サブカテゴリを開く
管理人近況
サブカテゴリを開く
カスタムアーキテクチャ
1回めのようこそ!
ゲストさん
  • 文字の大きさ : 12px
  • フォント : MS Pゴシック
  • レイアウト : 3段組
  • カスタムする
カレンダー
2007年12月
«  11月 - 01月  »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
管理人について
管理人 : 八満かシアン
文系なのにエンジニア、なんてこったい(八満のほう)
今頃たぶん聴いている曲
METAL of KOI-NO MIKURU DENSETSU -fix by psycho feat.J
月別アーカイブ
2008年
2007年
最近記事に掲載した画像
サークルカットジェネレータ、公開開始です!!
サークルカットジェネレータ、公開開始です!!
テイルズオヴメーカー偽記事の画像
テイルズオヴメーカー偽記事の画像
シガアレ作ってる、の図
シガアレ作ってる、の図
手描き初音ミク
手描き初音ミク
iPhoneっぽいUIを実際にiPhoneで表示してみて比較
iPhoneっぽいUIを実際にiPhoneで表示してみて比較
画像に関するリンク
ユーティリティ
RSSフィード
ソーシャルブックマーク
  • iGoogle
  • はてなアンテナにTRASH-NEWSを追加する TRASH-NEWSのはてなブックマーク数 この記事を含むはてなブックマーク
サイトプロフィール
Powered by
  • Movable Type 4.1 + [XHTML + CSS + JavaScript] + PHP
  • TRASH-NEWS / Hachiman_Cian 2007-
このページについて
題名
ジャンプスクエア2号(2008年1月号)の感想
内容
  • ジャンプスクエアの第2号(2008年01月号)が12月4日に発売されたためいそい
TRASH-NEWS ロゴ
TRASH-NEWS ロゴ
TRASH-NEWS : http://www.trash-news.net/